株式会社シマムラ

世界のオリーブ

ギリシャ


 世界のどこよりも多くオリーブオイルを消費する国ギリシャ。生産量はスペイン、イタリアに次いで多く3位ですが、個人消費量では両国の2倍、実に年間20リットルです。

オリーブ栽培は、ギリシャ文明のあけぼのとともに始まり、文明の隆盛につれて大いに栄え、4〜5000年前のミノアの地クレタでは、オリーブが島に悦楽と豊穣をもたらしたとか語り伝えられます。詩聖ホメロスが称えたワイン色の海と黄金の液体が流れる大地、このオリーブの里は、今も神々の故郷です。

主な産地は美しいエーゲ海の島レスボスやクレタ島を始め、ペロポネソス半島の南端、世界的に名高いカラマタやマニ地方。また、アポロ神殿が有名な本土のデルフィや北エーゲ海沿岸域、アドリア海側のコルフ島も名産地として知られます。

栄えある地のオリーブやそのオイルは、果実香のすがすがしいなめらかで優しい味わいです。新鮮な露地もの野菜やイソの香る魚料理など、ギリシャの太陽の下に育まれた健康的な郷土料理によく合います。また、素材の似た和食にもぴったりです。

イタリア スペイン ギリシャ フランス
ポルトガル イスラエルとエジプト トルコ
北アフリカ




Copyright 2013 株式会社シマムラ