株式会社シマムラ

世界のオリーブ

北アフリカ
(モロッコ・アルジェリア・チュニジア)


 “花のマグレブ”と呼ばれるモロッコ、アルジェリア、チュニジアの景勝地・地中海沿岸地方は、オリーブの里です。数千年の歴史を見つめてきた瀟洒な港町は、貿易、漁労、観光で常に賑わっています。

 オリーブの栽培は、紀元前2世紀頃に、いっせいにこの地方に普及し、特にフェニキア人の国カルタゴ(現チュニジア)は灌漑農業技術に秀で、オリーブの植木に貢献、大農園を築きました。現在もチュニジアは、全生産量の7%を占めるアフリカ随一のオリーブの国。広大な地に育つオリーブの光景は雄大そのものです。

 品種は南イタリアと同種で、なめらかで品質のよいオイルです。チュニジアに次いでモロッコが3%、アルジェリアは2.5%のシェアがありますが、特にモロッコは、オイルよりもオリーブの実の大輸出国として知られています。

 この地域は、地中海のスパイス料理のメッカともいえる所。これらのスパイスとオリーブオイルで調理する伝統の味は、意外にもすっきりと清涼感のある仕上がりです。

イタリア スペイン ギリシャ フランス
ポルトガル イスラエルとエジプト トルコ
北アフリカ




Copyright 2013 株式会社シマムラ