株式会社シマムラ

世界のオリーブ

スペイン


 およそ2000年前、最大にして最高のオリーブオイル輸出国として富み栄えたのが今のスペインです。現在も世界一の産地を誇り、乾いた大地に照りつける太陽の下、オリーブの樹が国土のほぼ全域に美しい姿で育っています。

 特に南アンダルシア地方は、全生産量の75%を占める大産地で、アラブ統治時代のエキゾッチクな面影を残すグラナダやコルドバと北のハエンが生産の中心です。

 概して南部産は、オリーブの果実味を強く反映して辛口(ハエンのピクァル種)なのに対して、中部ラ・マンチェ地方、トレドのコルミカーダ種は、甘口の芳醇 な味わいで知られています。そして量的には全体の1%と少ないものの、北部産地レリダでは、ナッツのような風味をともなう強い渋みと若干の刺激性のあるオ イルが造られ、トマトや芝草のようなすがすがしい青い香りは、根強い人気があります。また、当地スペインを代表するアルバキーナ種の渋く旨みのある味は、 モダンでキレがあると定評があります。

 最近では、早摘み、遅摘みと収穫期を二分し、同じ年に異なる特徴のオイルを造るメーカーもあります。

イタリア スペイン ギリシャ フランス
ポルトガル イスラエルとエジプト トルコ
北アフリカ




Copyright 2013 株式会社シマムラ